■プロフィール

みい

Author:みい
大阪市在住・うその*8年生まれ・・・^^
週末、大好きな信州まで出向き山を楽しむ生活
将来の夢は信州在住!
趣味は1に山・・・2にも山だけど~平日はたまにゴルフも・・・^^
ほぼ毎日の宴会ヶ岳もだ~い好き0^^0

■FC2ブログランキング
■FC2カウンター
■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント

■リンク
■月別アーカイブ
■ブログ全記事表示
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■最近のトラックバック
■フリーエリア

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■QRコード

QRコード

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
飯豊縦走~東北の花園へ(最終編)
 飯豊縦走・・・(最終回) 一番危なかった日


8月17日 (金) 


3泊4日の予定を2泊でこなし、もう少し先まで行きたかったが、残念ながら、明日は
天気が崩れるとの事・・・昨日も、ほとんど展望無しで今にも雨が降りそう・・・
そうとなれば、もう、今日は1日早めに下山・・・と決めた
ガセネタをつかまされたが、バスも調べた通りある!との事・・・ ヤレヤレ・・・

飯豊山荘9時発のバスに乗るため、今朝も早起き・・・目覚ましはなんと、3時 
ぐっすり眠れたものの、流石に眠い! ど~せ、小屋泊・・・テントの撤収もないし、
まだ暗いし・・・なかなか起き出さずにいると、「起きるで!」・・・とさん・・・
奥のソロの兄ちゃんも、ゴソゴソ朝御飯の仕度を始めるし・・・寝てられへん・・・
そんなに急いでどこへ行く~って思うたが・・・とにかく起きて出発準備・・・。
ゆっくり時間を稼いだが (暗いうちに出るのは嫌なみい  )テントと違うから早い!

さんは、何故か朝御飯を食べるのを嫌がる・・・ 朝、火を使う事を特に・・・ 
時間のロスだと・・・だから、二人だけで行く時は、みいだけ、パンやクッキーを
かじりながら用意する
  愛想ないけど仕方ない それにみいは・・・
食べないと動けませ~ん! 燃費が悪いのか・・・?
(冬は寒いので、朝、必ず火をつけますよ~ 暖かいものも飲むし・・・)

午前4時・・・ 準備もできても~たし、「行くで~!!」と、さん・・・ト・ト・トイレ・・・
まだ、ひっぱるみい 周りのみんなも、「暗いから気をつけてね~!」と・・・
横に寝たソロの方は、「後から追いかけますね~」・・・と夜明けを待つ模様

4時15分 出発 外はまだ真っ暗・・・そして、ガス・・・最悪やわ・・・と心の中で
さ~ん、こんなん、道よ~わかれへんわ~?」
「下をよ~見て行け~! すぐ明るなるから・・・道通りに・・・1本道や!」
「それが、よ~わかれへんのに~」「俺、ヘッドランプ、ザックの中やから早く行くなよ~!」
・・ な・な・何~!! 見たらに行く時、使っているミニ懐中電灯を持っている 
ま・ま・まじかいっ!! も~~~!
 「すぐ、夜明けるから・・・!」って言うけど・・・

とにかく道はわかりずらい・・・ガスのせいもあるし・・・
「明るくなってから行こうよ~!」と言うが~「すぐ、なるって!!すぐ、夜明けるわ~」
どうにかテント場に出たが・・・そこからが・・・広いテント場からどっちに行けばいいかわからない!
「北や北・・・」 「どっちが北やのん?」「こっちや・・・ 」 
な~んとなく道らしいもの発見・・・続いているし、踏み足もある 
進むと・・・ 「下ってるよ~変やわ~? 最初は尾根道で多少登るはずやよ~」
「でも、これ・・・道やろが~どう、考えても道やがな~!」
出た! さんの、ど~考えてもが。。。
「でも、下るはずないねんんけど・・・」と言うが・・・さんは、我、将軍様である 
とりあえず、行ってみる・・・そして~かなり下ると・・・ん・ん・ん~~~?
雪渓にぶちあたった!! ガ~ン! 間違ってる!!

「絶対、変!!みいは戻る! 小屋かテント場まで登り返す 明るくなるまで待つ
「でも、途中までは道やんか~! どっかで間違ったんや・・・」 それにしても戻らな~!!
さんを振り切って・・・どうにか途中まで引き換えすが、さっぱりわからなくなって来た><
「これ、道やで・・・下っていったら出るんちゃうんか~! 時間たつばっかりやんか!」
・・・と怒られても・・・ まだ、この道の先に行きたそうで、登って来ない
「いや!とにかく戻る!見てくるから・・・テント場まで行く!」  仲間・・・
                       
                     いや! 夫婦割れ!


しかし、今度はそのテント場までの道がわからない   まじあせる!!
少し明るくなって来た目で見ると、道らしきものが無数にあって・・・
絶対、変!!さ~ん、登り返しや~!! 間違ってんで~
             
                     冷静にならなっ!!


ようやく辺りもしっかり、明るくなって来た・・・でも、以前ガスでやはり見にくい 
そうするうちに・・・
           出た~! テン場やっ~ 


今度は明るいし、しっかりわかる・・・ 小屋に戻って聞いてもええし・・・
そして、見ると

私たちの通った、真反対側に赤旗が・・・そこが、

            尾根に続く道だった!!


恐るべし~! 道迷い!! 全く逆やん 


あのままどんどん下って行ったら・・・


「いつかはおかしいと気づくって!」・・・とさん・・・
「何、脳天気な事、言うてるのん! これが、道迷い遭難につながんねんで!!
もう、知らんとこでは暗いうちに出~へんからねっ!!!」 
「昨日の明るいうちに、ある程度どっち行くか見とかなあかんわなっ!」・・・ 

まだ、こんな事を言うてるさん さんが見とき~やっ!! 

時・・・すでに 5時15分   1時間さ迷っていた!  

でも、良かった・・・ひと安心 ヤレヤレであります・・・次からは絶対、
このような事のないように・・・をなめてはいけません

            大反省!  さんも、反省しなさい! ぼそっ

そして、ようやく、きちんとした帰りのルート・・・梶川尾根に向って行くのであった

         続きを読むをクリックどうぞ~ 



 




続きを読む >>
スポンサーサイト
登山(東北) | 16:04:45 | Trackback(0) | Comments(9)
飯豊縦走~東北の花園へ・・・(PART3)
  飯豊縦走・・・(PART3) 東北の花園へ

8月16日 (木) 曇り

コース  一ノ王子テン場~飯豊本山(25分)~御西小屋(1時間)
         ~大日岳(ピストン・往復2時間10分)~烏帽子岳(2時間20分)
         ~梅花皮小屋(1時間)~北股岳(30分)~門内小屋(50分)
                     計 8時間15分
 (休憩別)

昨夜は以外にすごく風が強く、夜通しテントが風でバタバタ・・・すごい音でした・・・
一ノ王子のテン場は風の通り道・・・広いですが、張る場所をしっかりと、
考慮した方がいいかも~ でも、冬と比べるとなんのその~ 快適でした
夜中、目覚めると星もいっぱい~  これは今日も行けるぞ~・・・と、実はこれは・・・
ちと・・・甘かった それでも、早朝から起きだし・・・テント撤収~だんだん日も・・・

ご来光はどうだ~   DSC01941.jpg


        DSC01942.jpg


DSC01943.jpg  なんとなく見えたが・・・

この後は隠れてしまって・・・どうも、天気が心配やな~ でも、だんだん晴れるやろ~
ねっ!さん・・・ この時は今日も好天になると思ってたみい

   午前 5時 テン場出発~

          飯豊本山までは小屋を通過してすぐです・・・

でも、ガス&ガスで見えない DSC01944.jpg


 5時25分   飯豊本山(100名山・2105.1m) 登頂~!!

              DSC01945.jpg


二人でも記念にパチリ DSC01946.jpg


さぁ~今日はどこまで行きましょうか~ とりあえず、最高峰・大日岳を踏んだ時点で
どこまで行けるか~頑張るか~決める事とします これからの天気も考慮して・・・

            続きを読む・・・をクリックどうぞ~ 


続きを読む >>
登山(東北) | 17:36:10 | Trackback(0) | Comments(6)
飯豊縦走~東北の花園へ・・・(part2・後半)
飯豊縦走・・・(PART2・後半) 東北の花園へ~

   8月15日 (水)  

コース  大日杉~地蔵岳(2時間50分)~切合小屋(3時間20分)
        切合小屋~一ノ王子テン場 (11時15分~13時20分・2時間5分)
                                計 8時間15分
 (休憩含)
                   
 PART2・前半の続きです・・・下のPART1&2・前半よりお読み下さいませ~

当初、切合小屋まで、7時間~8時間とみていたが、案外短時間で到着・・・
暑さでバテバテにもかかわらず・・・また、超スローな歩きなのに・・・
どうやら、地図のコースタイムがかなり甘い模様・・・ これってうれし~
次のテン場、一ノ王子まではきっと2時間くらいで行けるやろうと・・・

切合小屋は水が豊富なんで、しっかり水分補給・・甘めの冷たいコーヒー&パンで昼食

11時15分 出発~

         さ~ん、後ひとふん張りやで~頑張ろう~

あの、ピークを越えたら一ノ王子のテン場やろうね~ 

   DSC01891.jpg  奥にチラッと飯豊本山

お花畑を通って・・・ DSC01892.jpg


         ここは本当にお花だらけ~! 花園だ~!!

                    続きを読むをクリックどうぞ~ 


続きを読む >>
登山(東北) | 07:54:54 | Trackback(0) | Comments(7)
飯豊縦走~東北の花園へ・・・(part2・前半)
 飯豊縦走・・・(PART2・前半) 東北の花園へ~
   
      昨夜は、大日杉小屋泊・・・(ず~っと下  PART1から、どうぞご覧下さ~い)

     8月15日 (水) 

コース  大日杉小屋(4時45分)~地蔵岳(7時35分)~切合小屋(10時54分)
                   計 6時間10分 
 (休憩含む)

           画像はクリックするとまだ、大きくなりますよ~ 

昨日、かなり暑かったので、なるべく早立ちをしようと5時前には出発する事に・・・

大日杉小屋の1階・外では水が補給できます・・・

DSC01818.jpg


さん・・・頑張ろうぜ~ DSC01822.jpg
                        4時45分いざ、出陣 
 
これが、大日杉の言われ DSC01823.jpg


出だしから、結構、急な登山道で・・・(飯豊はどこのルートもそのようですよ~)
これまた急・・・

DSC01826.jpg


さ~んファイト~ DSC01827.jpg


久々の幕営荷担ぎでつらそう DSC01828.jpg

      今日も気温があがりそうです・・・ さんはすでに汗だく・・・ 
      みいは、ぼっつらお花が登場して来たので・・・うれし~い 
      さんのペースに合わせて、ゆっくりしながら~

      さぁ~どんなお花が出てくるのか・・・ 続きを読むをクリックどうそ~ 



続きを読む >>
登山(東北) | 14:55:10 | Trackback(0) | Comments(12)
飯豊縦走~東北の花園へ(part1)
   飯豊縦走・・・(PART1) 東北の花園へ~  


さて、今回の夏山・お盆登山は残念ながら、超短い・・・ 

さんが、お付き合い旅行の為、戻って来たのは8月13日(月) 夜・・・「おっそ~!!」
それでも、頑張るさん(?)は、戻ってきた日を、出発日にあて~  
延々・・・南・東北まで一人運転・・・ 片道700㌔弱   エライ!!

男のプライドを保ちつつ~もちろん仮眠もとりつつ~翌、14日午前中には、小国駅着  

アルハイ はとりあえず、下山して戻るまでここ(小国駅)に置く・・・ 待てっててや~
・・・と言いつつ、まだ時間がある為、近くのスーパーで買い物・・・と言っても・・・あて (笑)
これからの山行を健闘~乾杯・・・ もう、運転せんでええからね~ 
少し昼寝したら  ~電車の時間・・・ さぁ~乗んで~

8月14日 (火)  登山口まで移動日  

登山口は、大日杉より~ 下山は、飯豊山荘・・・そして町営バスで小国駅に戻ります

小国駅・2時20分発 に乗ります そして、登山口に一番近い駅まで移動~(35分程)
 
           DSC01810.jpg



DSC01811.jpg  来ましたよ~ ローカル線・・・
しかし、暑い 東北って涼しいのんとちゃうの~ それに電車には冷房がない 


      DSC01812.jpg ここにタクシーを予約       
      大日杉まで8500円で~す 最近は、毎日登山者を乗せてるそうです。 
       やはり、人気なんやね~ 50分程で到着です 

立派な大日杉小屋 DSC01814.jpg
ここでテントを張る予定でしたが、なんと~すごいアブ  たまりませ~ん
小屋をのぞくと、快適そう・・・誰もいませんが(管理人さんも)使用可能・・・
「ここで寝よか~ 明日、テント撤収時間省ける~」・・てな事で、本日はここに泊まる事に・・・
                     宿泊・協力金 ひとり \1500です 

そうなると早々始まり~ DSC01815.jpg
  
                 ジャ~ン 恒例 宴会ヶ岳 

明日からは摂れない、野菜をたっぷり摂ります  もち、の次は・・・でも、ゴミは持って行かなければならないので、この日からメニューは考慮しないと後が大変です

       DSC01817.jpg
 
 だから生野菜は正解!全部食べる為ゴミが少ない・・・缶はつぶせばペチャンコ・・・
  はもちろん水入れに~また、輸血(?)です(笑)

 ここで、貸切と思っていたら・・・もう、一人登場・・・「こんにちわ~」 で来られたそうです。
そして~色々会話をしていると・・・ 
               エライコッチャ 情報


             続きを読む・・・をクリックどうそ~ 



続きを読む >>
登山(東北) | 11:45:13 | Trackback(0) | Comments(2)
吾妻山(西吾妻山・100名山)
西吾妻山(2035m・100名山)

GW流れ山行第七弾

5月3日(木) 

流れ山行も明日でいよいよ終わり・・・まだまだ続けていたいみいだけど・・・(笑)
さんの用事もあるし・・・あ~ でも、帰るん嫌やなぁ・・・
でも、今日は好天・・・そしてとうとう出ました~ 山スキーの出番やで~
この、西吾妻山天元台スキー場からのアプローチになる為、
否応でもスキー板を持っていかな絶対、損&損!
だって、まだスキー場、やってるんやもん! スキー場を歩いて下りるんだけは嫌や~
でも、スキー場トップからの雪はどうなんやろ・・・?
果たしてスキーをはいていけるのか・・・? 雪質は・・・?
今日は、こばさんはおれへんで~(笑) 自分達で判断しなければ・・・
とりあえず、行ってみよ~ やるしかない 行くで~さん!!

     画像はクリックして大きくしてみてね~^^

    RIMG2165.jpg
まずは、天元台ロープウェイを下りてからリフトに乗り継ぎます^^ 下の方に雪はありません

眠たいんか~??さん・・・しかし超、遅いリフト! RIMG2169.jpg


あれは・・・飯豊連峰? RIMG2168.jpg


さぁ・・・リフトトップです^^ RIMG2170.jpg

ここで、出発地点先を偵察・・・ いきなり樹林帯 雪も凸凹・・・「こんなんで行けるん?」
先に、ツボ足の登山者が ここで実際多いに迷う スキーのトレースがない!!
リフトトップのおじさんに情報収集 「ここ数日、スキー板はいて行った人はおらんなぁ・・・? 
今日もおらんなぁ・・・?」と・・・余計、迷うがな
さ~ん、どうする~??」 「行けるだけ行こう あかんかったらスキーはデポやっ・・・」
「行けるだけor行くだけ・・・」な~んか、それ最近のさんの定番ちゃうか(笑)

不安にかられながらも、シールをつける・・・え~いGO 行くとなりぁ~行くで~
凸凹の狭い樹林帯をジグザグに・・・行きは良い良い・・・帰りがめちゃ不安なみい
狭い樹林帯・・・滑るの・・かなわんなぁ・・・
でも、スキーは早いで~ あっ、と言う間に視界が開けた~
そしたら~もっう快適~進む&進む ツボ足より俄然早いで~

RIMG2171.jpg


        RIMG2173.jpg  めっちゃ快適なのわかりますか~? 

ひゃっほ~い 気持ちいいで~さん! RIMG2174.jpg


RIMG2175.jpg
「おか~ん! 今日は早いなぁ・・・こばさん乗りうつってるで」・・・とさん(笑)
  (注釈;こばさん 私たちに山スキーの世界を教えてくれた信州の先輩
                  リンク・こばホーム参照

梵天岩を見送って・・(後であそこで乾杯しよな~) 歩くことすぐ・・や・や・やりました~ 
頂上で~す!! 西吾妻山で~す・・・と言っても頂上が・・・
雪に埋もれてわかれへん 夏は樹林帯で展望なし!との事・・・その辺ウロウロ・・・
一番高そうなとこを探すが・・・ 前後する登山者も、みんな
まぁ、いいかっ~^^ とにかく記念撮影 今日は快晴の調子もよし!

   20070510082336.jpg


遥か後は・・・磐梯山 ええ山やね~ 20070510082401.jpg


これですよ~会津磐梯山 20070510082419.jpg


それ、新しいポーズか?さん(笑) RIMG2178.jpg


さぁ、シールはずして梵天岩まで、まずは滑りましょ~ 気持ちいいよ~

20070510082450.jpg
なんってたって、やはり滑りは超早い・・・当たり前かっ・・・ でも・・・実は。。。。

なんか変と思いません・・・ 20070510082540.jpg
滑るフォームが変?? ちゃう&ちゃう ストックの先が片方ない!
実は、どうもストックの調子悪かったのですが・・・先が外れて行方不明 
いつなくしたかも不明・・・登り始めからストックの先がなかった これってまじやりにくい
実は、登りから変に大変でした 最近買った、山スキー用ワンタッチはに置いて来たんで、
登山用のストックが壊れたわけです・・・ でも、ないもんはしやぁ~ない><

梵天岩に登るみい 20070510082559.jpg


笑いすぎて目~つぶったやん この絵と似てる? 20070510082619.jpg



やっぱこれでしょ~ RIMG2179.jpg


良かったわ~ 山スキーで来れて・・・し・あ・わ・せ RIMG2180.jpg


さぁ~、よさげ~な斜面を滑降です でも、なるべく帰り道とはずれんようになっ

RIMG2181.jpg
ホント、下りは早い~
            二人だけのシュプールです~ RIMG2182.jpg


相変わらず下手ですが・・・気持ちいい~ RIMG2183.jpg


ほな、さいなら~ RIMG2184.jpg


あっ!と言う間に樹林帯へ・・・ここから先がうっとうしい RIMG2185.jpg

でも、珍しく(?)樹林帯もなんなとクリア・・・ 無事、リフトトップへ・・・ 
そこからはスキー場・・・ ゲレンデを心地良く滑降~

結構、ゲレンデ上部はがあります^^ RIMG2187.jpg


リフト下部までどうにかスキーで下りる事ができました RIMG2188.jpg


無事、登頂&滑降のお礼と感謝を RIMG2190.jpg


ロープウェイに乗る前に・・・ RIMG2189.jpg

ここから、ロープウェイで下ります・・・行きもこれに乗って来ましたよ~ん
    
      RIMG2192.jpg



西吾妻山 山スキーで来れて本当に良かった~ 好天に恵まれ最高
やはりスキーの威力はすごい!と実感 少々どんなとこ(凸凹樹林帯)でも滑れるもんだ(笑)
でも一口に吾妻山と言っても広い!かの深田氏も「これほど漠然としてつかみどころのない山もあるまい・・・」と言っている! いつか夏に、幕営縦走したいなぁ。。。
      とにかく~山スキーバンザイ




帰り道、磐梯山のビューポイントがたくさん 20070510082808.jpg


いい山ですね~ 20070510082735.jpg


またまた帰り道・・・露天風呂\500に誘われてに・・・川上温泉に入ります^^

いい感じでしょ~ RIMG2193.jpg

裏山からひっぱてきてます・・・ほんま、露天風呂のみです RIMG2194.jpg


さっぱりした後は・・・今宵の宿泊地へ なんと明日はラスト山行
泣いても笑っても最後です。。。さんの運転も考慮して・・・また、渋滞は絶対避けようと考案・・・
磐越~渋滞しない北陸道へ・・・ 関西に近寄っていざ富山へ・・・金剛堂山へ向います^^
以前から名前が気に入り、展望も良好と・・・近くに大好物、蕎麦の里もあるらしいので! 
200名山でもあります 結構、時間はかかり登山口に着いたのは9時半・・・

さぁ・・・定番の宴会ヶ岳です 実はなんと、わざわざ新潟でICを一度下て、
大型スーパーで食料ゲット だって、新潟は食べるもん、おいしいねんもん

地鶏の唐揚げ・あいなめ造り・新潟納豆です~^^ RIMG2195.jpg


みいはとりあえず白ワイン RIMG2196.jpg


さんは、新潟産の日本酒・・・これがまた、おいしい RIMG2197.jpg


仙台で買ったかまぼこも日本酒とあいます・・・^^ RIMG2198.jpg


止めは赤ワインとパン RIMG2201.jpg

さぁ・・・宴会ヶ岳&爆睡inアルハイも今夜が最後やね~さん・・・^^
明日も楽しもうね~ 天気はええで~ しかし気持ちいいわ~とまたまた夢の中・・・

いよいよ長~い山行もラストとなりました・・・・ 楽しいレポ作りもあと一つ・・・

     ファイナルレポはまた明日・・・


登山(東北) | 13:09:58 | Trackback(0) | Comments(6)
蔵王(100名山)
蔵王(熊野岳・刈田岳・100名山)

GW流れ山行第六弾

県営レストラン~熊野岳・刈田岳ピストン

5月2日(水) 天気最悪

(画像はクリックして大きくして見てね^^v)


昨日は、よく食べよく飲んだ 仙台の食を満喫~&堪能

朝もすっきり目覚め・・・ 気分は全開・・・ 天気はどやっ??
でチェックすると・・・昼には回復すると。。。
「行けるで~さん」 「どこへや??」 「昼からならたぶん、回復・・・蔵王やっ!」
「すぐ登れる・・・散歩程度やわ^^」 これが後でエライ目に
「ほな、行こうか~!観光、言うてもわかれへんしなぁ・・・」
実は我々・・・以外と観光が苦手・・・ るるぶ片手に・・・はどうも・・・
それでも、朝はまだ今一の天気・・・時間もあるし、青葉城跡くらい寄って行こか~と、向う

仙台は桜が満開でした RIMG2139.jpg



青葉城跡を参拝・・・今後の登山の無事を祈りました RIMG2140.jpg


さぁ・・・天気回復を祈って蔵王に向かいます
山形に入ると、晴れ間も・・・ ええ感じやん・・・とその時はテンション高く・・・ 
蔵王ライザワールドを通って蔵王エコーラインを上って行きます・・・でも・・・
なんだかガスっぽいなぁ・・・上がれば上がるほど・・・ガス&霧雨・・・ 嫌な予感

に着くと、な~んにも見えへん・・・ 車の外に出ると・・・ゲッ~すごい風~ 
台風なみやん! なんで~天気予報とちゃうやん どうする~さん
観光客は、み~んなあきらめ帰って行く・・・そりゃ~そうやっ!この風と視界では。。。
お釜も、な~んにも見えへんで・・・>< ちょっと偵察して来るわ・・・・・・と
県営レストハウスに行き偵察・・・そこまでの近距離でもすごい風~
こりゃ~冬山並みやな~ 数人、山ヤ、スタイルの方がいたが・・・出発するのか??
「さぁ・・・どうするさん!」「行けるとこまで行く!!」・・・やはりそう~ですか・・・
ほな、用意しょか~・・・ちょっと嫌々のみい(苦笑)
しっかり着込んで、合羽着て・・・帽子・手袋も冬山用・・・はどうにかやんでいる^^

少し視界が晴れて来るかな・・・? RIMG2141.jpg


いや~やはり風がすごいんで霧雨がさんの顔も歪む RIMG2142.jpg


  RIMG2143.jpg
もう、風が強くてカメラを出している余裕はありません>< 途中、雪道になり帰り間違わないようにケルンで目印・・・一定間隔で棒が立っているので、夏道は大丈夫ですが。。。


ほ~う やっと避難小屋です・・・^^ RIMG2144.jpg


もうすぐです・・・ RIMG2145.jpg


ここはなんでしょう??なんせ風が・・・息苦しい RIMG2146.jpg


この後、な・な・なんと風のせいか?のレンズカバーがしまらなくなり撮影が・・・><
曇って写らない えらいこっちゃ
最悪や~(涙)何度もレンズを拭くけど・・・あかん
時間もないし、風も強くなる一方・・・すぐそばの熊野岳でんして早々、引き返す
さんの服の中に入れて回復願う
帰りの方が、もっと風が強い・・・一瞬みいの体が浮きそうになる
「すぐ登れる散歩程度・・・??」 正月の北岳より風が強いぞ~!
やっぱ、山はなめたらあかん 相手は自然や 慎重に帰ろうね~耐風姿勢や
鼻水も横に飛んでいく 寒いし急ごうで~

ようやく、もと来たレストハウスへ・・・でも、ここまで来たらもう一つ踏まなければ・・・刈田岳を。。。
さんの服の中に入れたせいかも復活・・・でも、やはりカバーが半分あがれへん
お釜がどこかもわからないので、看板だけパチリ RIMG2150.jpg


伊達政宗の碑やっけ? RIMG2151.jpg
もう、飛ばされそうや~ ポ-ズどころちゃうわ~ はよう~撮って~!!

目開いてないで~さん! RIMG2152.jpg


一応、撮っとこ! RIMG2153.jpg


でも、早く帰ろう~ 風がほんまに弱まれへんね~>< RIMG2154.jpg



想定外蔵王・・・ 結局、この日、他の登山者に会わず・・・
こんな日に誰も行けへんわなぁ・・・さん(汗)
私らも、一定間隔の棒がなかったら・・・&トレースがなっかたら・・・行ってないわなぁ。。。
ちょっと無理したかなぁ・・・ 山は慎重が基本やで
散歩程度の山歩きが、思い出に残る厳しい(?)登山となりました・・・
もう一度、天気の良い日に必ず行ってみたい!です
次はもいいかなぁ~
明日は、間違いなくですよ~^^v カメラ乾燥させなあかんなぁ・・・



暴風・ホワイトアウト・霧雨蔵王を後に・・・

雪の壁がすごい RIMG2156.jpg

明日はいよいよ山スキーの出番だ! 西吾妻山へGO 天元台スキー場へ・・・

RIMG2157.jpg
 途中・・・やはり桜が綺麗
山形と言えば・・・そう!さくらんぼ・・・の木がたくさ~ん RIMG2158.jpg


本当に桜の満開時期・・・お花見ドライブです RIMG2159.jpg


途中ナビがおかしくなり、近いはずの目的地が、遠回りどうも、今日はうまく行かない日か
西吾妻スカイバレーのゲート前に  ここも通行時間規制あり

でも、やはり今宵もやります・・・宴会ヶ岳 

まずは後、白ワインで RIMG2160.jpg
 スパサラ・ハム・サラダで・・・さ~ん、お疲れ様~ 飲もうぜ~!!

これがめちゃ美味~!!山形のアスパラ RIMG2162.jpg


やっぱ、赤ワインも飲むよ~ん RIMG2161.jpg


やはり今宵も食べます・・・にんにくオイル の元気の基! RIMG2163.jpg


止めはカレー&ガーリックフランス・・・赤ワインとの相性も RIMG2164.jpg


仙台の夜は日本酒三昧だったから、今宵はワインが飲みたかった~ 
おいし~い もう、心地よいったらありゃしない・・・
明日のをイメージしながら・・・夜はふけてまた深~い眠りに・・・

  さぁ、いよいよ明日はラスト前・・・山スキーレポ、こうご期待

  長々とレポを読んで下さった方、本当にありがとうございます~

登山(東北) | 16:45:09 | Trackback(0) | Comments(6)
会津磐梯山(100名山)
会津磐梯山(1818.6m/100名山)  ~思い出に残る残雪の会津磐梯山~

GW流れ山行第五弾

5月1日(火) 

昨夜は磐梯山ゴールドラインにある八方台登山口泊・・・
磐梯山ゴールドライン時間規制通行(6時~18時)だった要注意

私たちが登山口に行くと、車は2台・・・ワゴンとバイク・・・
それにしても、遅い下山やなぁ・・・もう、5時回ってるのに・・・
・・・とたぶん、家族か・・・3人下山・・・ワゴンの方だった^^

私達は、恒例宴会ヶ岳 るんる~ん・・・と、そこへ見回りの車が・・・
「車中泊ですか~? ゲートが閉まりますが・・・いいですか~?」・・・もちですよ~ん!
明日、早朝登山するねんも~ん 磐梯山が待ってまんねん

でも・・・あれっ 残ったバイクは誰のん??  ほんまや~もしや、登山者・・・
もう、6時すぎやで・・・まだ、下山してないって事??それは大変です
上で幕営・・・?? でも、屋根のある待合小屋に荷物を発見。。。
見回りのおじさん曰く、「もう少しゲート閉めるのを待つが、明日になっても
下りて来ないと、こりゃ~、捜索願いやなぁ・・・」と・・・ 
もう、遭難遭遇は丹沢以来こりごり・・・心から無事を祈ります

宴会ヶ岳に登りながらも、気になってしゃ~ない
辺りはもちろん・・・薄暗く ・・・と、そこで・・・お・お・下りて来た~!!
おっちゃん、下りて来た~
さん!! 「良かった~!ホンマ、良かった~」
ゲートは閉まった事を告げると、1日くらいは大丈夫・・・と?バイクやのに・・・??
ん? な~るほど、おじさん1人用テントを持っていた 余計に安心
その後、待合小屋内に幕営しはって、ヤレヤレ~
これで、心おきなく、宴会ヶ岳に登りつめた

そして、朝・・・

4時すぎ起床・・・5時すぎ出発予定の我ら! あのおっちゃんも、朝は早い・・・
そして、会話するに・・・ここで貴重な情報ゲット
中の湯分岐で看板矢印は右を指しているが、そのままトレース通り真っ直ぐ行くのがベスト!
右に行ったら迷って3時間も藪こぎをしたとか・・・
それで、かなり時間ロスして下山が遅れたそうな。。。
帰りは、トレースをたどると、きっちりそっちの方に出て早かったと・・・^^
おじさんの貴重な情報に感謝

さぁ~さん! しまって行こう 天気も午前中だけやで~ええんわ

     (画像はクリックして大きくしてみてね~!)

         RIMG2075.jpg
さぁ、ここからスタートです 雪もあるしひょっとしての心配も・・・最初から下は合羽着用!

雪・・・ありますね~  RIMG2076.jpg


トレースをたどりながら、緩やかなブナ林を・・・RIMG2077.jpg


RIMG2078.jpg 木々の間から、あ~ あれは、ひょっとして~飯豊連峰や~

  磐梯山が見えてくると・・・   RIMG2079.jpg


RIMG2080.jpg
ここが問題の中の湯分岐です 確かに矢印は右 トレースは上です・・・
でも、矢印の方にもしっかり、トレースがあるんです

ここはしっかりおっちゃんのアドバイス通り、上のトレースへ・・・RIMG2081.jpg
以前は営業してたんやろ~な・・・ 中の湯と硫黄の臭いを見送って・・・

頑張って登ると・・・RIMG2082.jpg
うぁ~吾妻連峰です・・・ 次の目標やで~さん! 山スキーで行くんやで~
雪、あるんかいな~ でも、登るんは北面からやっ・・・
 
飯豊連峰真っ白! 輝いてるわ~ RIMG2084.jpg
こばさん・たかさん・むらしげさんはあそこに山スキーで行くんやで~ やっぱ規模が違うな~!

桧原湖が眼下に・・・足の調子も良さそうやなっ RIMG2087.jpg


おや、まぁ! ひとつ! RIMG2088.jpg


ここでハプニング! 中の湯~次の目標・弘法清水まで夏道で1時間程だが・・・
夏道は雪で隠れトラバースも必要・・・トレースがあるけど判り難い
一箇所、特にわかれへん所が。。。トレースたどると藪に・・・><
こりゃ~あかん 引き返そう・・・と・・・その時・・・わぁ~
みい滑落!! 20mで木に引っかかり止る ヤレヤレ・・・
あぶな~ さんは上で笑っている 「止まる、思うたもん!」やてっ><
「あほなっ! 合羽がめちゃ滑るねんで~ 最悪」・・・登り返しがこれまたしんどい
でも、まじ、慎重に行かなっ・・・!帰り、絶対、道間違わんように!やで
ポイント&ポイントをしっかり二人で確認しながら慎重に進む・・・
なんせ、この先も判り難い所がある・・・残雪期は本当にこれが危ない!
道迷い遭難要注意
 

・・・と、あった~ 弘法清水 RIMG2089.jpg
 

水が出ています^^ RIMG2090.jpg


ここから急登を登ります! すごい上まで上がって来ました~ RIMG2091.jpg


   RIMG2092.jpg
さ~ん、頑張れ~! しかし、風がすごく強くなって来ました 独立峰やからなぁ・・・><

いよいよ頂上です~! 猪苗代湖がでかい!! RIMG2094.jpg


   RIMG2095.jpg
とうとう着きました~ 会津磐梯山 登頂 しっかし、めちゃ風が

登山口から2時間半・・・やりました~ RIMG2096.jpg
 なんだかとっても長く感じられました・・・ 天気もまだラッキーな事に崩れません^^ 
360°の展望ですが、なんと言っても風が強い

吾妻山~!待っててや~ RIMG2097.jpg


少しさがった看板で。。。 RIMG2099.jpg


RIMG2100.jpg
でも、どうして東北の山は真の山頂に山頂の標識がないの??(安達太良山もそうでした)
取りあえず、天気がもっているうちに下山しないと・・・ガスって来たら、また道迷いの元。。。
展望を楽しんだら、とっとと下山です 慎重に行こうねっ!さん!!

でも、下山も色々難ありです・・・雪もだんだんゆるんで来ます><

いきなりズボッ!と踏み抜くさん>< RIMG2101.jpg


飯豊連峰も霞んで来ました・・・天気は下り坂に RIMG2102.jpg


    RIMG2103.jpg
 道に迷いそうになった場所です・・・慎重にねっ・・・! 
みいの方が気つけなあかんか・・・(汗)

ここまで来ると安心ですが・・・油断は禁物 RIMG2104.jpg


次の目標~本日、見おさめ・・・ RIMG2105.jpg


あ~ヤレヤレ・・・安堵の笑顔^^ RIMG2106.jpg


   RIMG2107.jpg
ブナ林もガスれば迷います・・・トレース&テープをしっかりたどって、無事登山口へ・・到着

今回、我らは登山口泊の為、早立ち!たぶん、一番登頂
出会った登山者は、違うルートから来た単独行の方と弘法清水への下りで・・・^^
途中、引き返した方も・・・残雪の影響か??
数名のグループは自分達で赤テープを目印につけながら登っていました^^
遅くから登って来られる方も・・・天気が下り坂なのに大丈夫なんかなぁ。。。ちと、心配

数日後、たぶん5月3日、この同じルートで男女2名が遭難すると・・・
(翌日、無事救出良かった~

ホント山は無事元気に下山してこそ楽しい思い出・・・となりますね
これから後半・・・安全登山で行きましょう~!!さん



会津磐梯山 さすが、シンボル的山 どこから見てもかっこ良いです
比較的簡単に登れてしまい・・・登るより見る山か・・・
でも、あの素晴しい展望!! 一度は登ってみなくっちゃねっ
       磐梯山・・・ええ山やん

その後はもち・・・時間が早いので・・・あいてんかなぁ~?
ありました~10時からやってるやん~ピッタシやん 

RIMG2109.jpg


露天風呂もありま~す RIMG2108.jpg


朝からさっぱり・・・もち、ガラガラ・・・良かったで~す^^ RIMG2110.jpg


ほら~・・・もう磐梯山はの中 RIMG2111.jpg


さぁ・・・また探すで~ あ・あ・ありました・・・

    RIMG2114.jpg


うん! まぁまぁ、やります。。。RIMG2112.jpg


ご満悦~ RIMG2113.jpg


その後、天気予報をチェック・・・・・・やはりこれから下り坂で明日は残念ながら
明日は、休息日にしますか~??相談後、一致したのは仙台観光&宴会ヶ岳
前から一度は行ってみたかった仙台 広瀬川~流れる岸辺~です・・・
Jr.がおる間に一度は行こうとDARUパパに誘われてたけど、一度も行けず・・・><
やっとチャンスが来たで~ さん・・・そうとなれば・・・行くで~
・・・と、次は宴会ヶ岳in仙台レポ・・・はまた後日・・・


登山(東北) | 14:03:15 | Trackback(0) | Comments(0)
安達太良山(100名山)
安達太良山(1699.8m/100名山)

GW流れ山行第四弾

4月30日(月)・後半戦 

那須岳(茶臼岳)に早朝から登り、足の不調を訴えたさん・・・><
下山後、車に戻りテーピング・湿布・靴の調整などをすると、な・な・なんと回復・・・
時間も早いし、どこか登れると言い出した・・・
大丈夫かなぁ~と心配しつつも、本人が言うんやから・・・(笑)
けったい(・・・大阪弁で変・妙・・・)な足や!!

アプローチも近いし、比較的短時間で登れる・・・と言う事で、
安達太良山登山口まで、走る 
さすがに早朝、逆向き・・・那須エリアはまだ混んでない^^ ラッキー
車内でおにぎりをほおばり、第二山に備える・・・腹が減っては登山はできぬ!!

   (画像はクリックして大きくして見てね~!)
安達太良高原スキー場登山口~五葉松平~薬師岳安達太良山(乳首)往復

    RIMG2043.jpg
 9時半スタートとなりましたが、まだ時間は十分 天気の崩れもないようだし、がんば!!

五葉松経由で行きます RIMG2044.jpg



  間違わないように、奥岳方面へ・・・ RIMG2045.jpg


さん・・・どうにか快調そう・・・あ~っぁ、やれやれ^^ RIMG2046.jpg

   RIMG2047.jpg
飛ばすみいに少しも遅れることなく、さんがついて来るので、かなり早く五葉松平に・・・
まだ10時半です^^ ほんまに足、痛かったん

そしてしばらく行くと薬師岳です RIMG2048.jpg
ここまで、ゴンドラを利用すると簡単に来れます・・

休憩する!とも言わず、水分補給だけして先に進みます・・・ さ~ん!別人やで・・・
ほんまに足大丈夫?? 無理してないか~??

でも、快調そう・・・ RIMG2051.jpg

薬師岳からはしっかり雪道・・・歩きにくい所もありますが~これまた。。。 あっと言う間に
頂上が見えて来ました 
でも、頂上はすぐ近くにならないと、全く見えません・・・あしからず

   人が、ようけおりますね~     RIMG2054.jpg


じゃ~ん!! 安達太良山頂 RIMG2052.jpg
でも・・・これが真の頂上ではありません・・・本物は・・・
                           
                              20070506140922.jpg


さんも頑張りました~ 20070506141003.jpg


遠くに、明日登る磐梯山がきれいに見えま~す 20070506141017.jpg


一応、また下りてカシャ~ RIMG2053.jpg
後のとんがりが、先ほどの真の頂上・・・乳首です  これマジです

結局、2時間ちょいで頂上まで来てしまいました・・・ さんの足は魔物やわ・・・

真っ青な空の下で恒例の・・・ひゃっほ~ RIMG2055.jpg


  RIMG2057.jpg

さぁ・・・したら、下りますよ~ 快調に行くと、ほ~ら 見えて来ましたよん^^

遠くにあだたらエクスプレス(ゴンドラ)が見えます RIMG2059.jpg
あれに乗ると、たぶん頂上まで1時間ちょいで行けるみたい・・・
でも、山ヤ(?)は歩きましょう・・・私達は・・ゴンドラ代をけちった??(笑)

   RIMG2060.jpg
     下るのは早い・・・ もう、スキー場あたりですよ・・・^^

もう、お終い・・・ RIMG2061.jpg


やった~!! 元来た登山口に・・・ RIMG2062.jpg

して、まったりしても4時間ちょい・・・即効登山でしたが・・・さんの足痛も再発せず、
ど~にか無事に下山できほんま、めでたし&めでたし

何故か?営業が終わったスキー場なのに人気が・・・ RIMG2063.jpg
人がいっぱいおりました^^ ゴンドラに乗る観光客が・・・

さぁ~頑張った後は・・・またまた恒例温泉タイム さん!ほんま、よくぞ頑張りました

岳温泉で~す いい湯だなっ~ し・あ・わ・せ RIMG2064.jpg


そして~明日の目的地磐梯山・八方登山口に向うのですが・・・これまた誘惑が~ 
だ・だ・大好物のお店が手招きを・・・

これですわ~ RIMG2069.jpg


正直言って、めちゃ、美味~ RIMG2067.jpg
会津そば・・・更科ですが、本当においしかった 蕎麦はもち、信州ですが、ここのも結構やりましたよ~はい!

さん・・・ご満悦 RIMG2068.jpg


その後、磐梯山ゴールドラインと言う有料道路の途中にある、磐梯山・八方登山口にて泊・・・
もち、宴会ヶ岳付

               RIMG2070.jpg
またにんにくで勢をつける

赤ワインも飲む&飲む RIMG2071.jpg


今日を振り返って・・・なんてそんな難しい事は言ってません RIMG2074.jpg
ただの酒飲み二人・・・すぐに宴もたけなわ~磐梯山麓の夜はふける・・・ 


このにて、ほんのちょっとしたハプニングあり・・・
そして結果、明日の登山に役立ち・・・
数日後、同ルートで遭難者発生(翌日、無事救出)・・・など、
思い出深い、残雪の磐梯山登山となるのでした・・・

    さてさて磐梯山レポはまた明日にでも・・・


登山(東北) | 18:13:54 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。